COFFEE ITEM / コーヒーアイテム

aalto coffee トラベラーズ ブレンド

(2011年10月28日)

 

 

四国徳島の「アアルトコーヒー」さんは、2009年の夏に訪れて以来、チームのみんながファンになってしまった自家焙煎のコーヒーショップ。

 

豆本来の味わいを感じることができるコーヒーはもちろんですが、店主であるコーヒーロースター庄野雄治さんの真摯にコーヒーに向かう姿勢や熱い人柄にもすっかり惚れ込んでしまったのです。

 

最初にここを訪ねた時、東京から来たんですよと、話しかけると、熱くコーヒーについて語ってくれました。私たちがトラベラーズノートについて話すと、さらに話は盛り上がりました。コーヒーとノートというまったくかけ離れたものですが、モノづくりに対する考え方に何か近いものを感じたのです。話題は「ノートとコーヒーで何かしたいですね~」なんてことになりました。

 

その時、密かに思っていたことを口にしてみました。「トラベラーズノートをイメージしたトラベラーズブレンドを作ってください」すると「いつでもやりますよ」と答えてくれました。

 

それから何ヶ月かして、イベントのプランを詰めていくなかで、このトラベラーズブレンドを実際に作ってもらい販売することや、その過程をトラベラーズプレスに掲載することを考えました。そしてその取材のために徳島を再訪問しました。その時の旅のことや、焙煎の過程についてはトラベラーズプレスに書かれています。

 

そして、待ちに待っていたトラベラーズブレンドの封を開ける瞬間がやってきました。手動のミルで豆を挽き、前に庄野さんに聞いた淹れ方でゆっくりとお湯を注いでいきました。シュワっという音とともにコーヒーが膨らんで、ぽたりとガラスに褐色の液体が落ちていきます。いつもなら、そんな音を聞きながらゆっくりと流れていく時間を楽しむところですが、そのコーヒーがトラベラーズノートのために作られたかと思うと、胸の高まりを抑えきれません。

 

そして、コーヒーを飲みました。すっきりとした口当たりのなかに、少しほろ苦さを感じます。そして、優しく柔らかな味が広がりました。庄野さんは、そのコーヒーのイメージを旅の途中に優しく染み入るようにと表現しました。まさに旅人のためのコーヒーです。

 

トラベラーズファクトリーでは、孤高のコーヒーロースター、庄野さんが本気で作り上げてくれた、トラベラーズブレンドをご用意しています。

 

その場で豆から挽き、ドリップした新鮮なコーヒーを1階で販売しています。それを2階にお持ちいただき、ノートになにかを書き留めたり、2階にある本棚の本を自由に読んだりしながら、ゆったりお飲みいただけます。

 

また、常時、豆の販売もしておりますので、このコーヒーをゆっくりと飲みながら、それぞれの旅の記憶を思い返してみてください。新たなる冒険の旅へ向かう勇気と力が少しだけでも湧いてくれば幸いです。