TOKYO CRAFT MONTH トラベラーズファクトリーがお薦めする

手作りの道具たち【2019年4月17日~5月13日】

(2019年4月16日)

 

 

今年もTOKYO CRAFT MONTH(東京工藝月間)にトラベラーズファクトリーも参加します。

「TOKYO CRAFT MONTH 」は、クラフト・工芸を取り扱う都内のショップが賛同して開催するイベントです。各店が、全国の手仕事に触れることができる入口として、さまざまな形でクラフトを紹介。また、開催各店舗では、TOKYO CRAFT MAPを配布しているので、街歩きとともに参加ショップ巡りを楽しむこともできます。

 

トラベラーズファクトリー中目黒では、4月17日より「トラベラーズファクトリーがお薦めする手作りの道具たち」として、通常は一部の商品を定番として扱っていたり、オリジナル商品を作ってもらっている「P.F.Candle Co.」「るちゑ」「CUL DE SAC – JAPON」「椿井木工舎 ZweiWoodWork」の4つの作り手たちによるブランドのポップアップコーナーを展開します。

 

 

さらにイベント期間中は中目黒の2階では、それぞれのものづくりの現場の写真を展示します。職人たちに手により、ものが生まれる現場を知ることでより愛着を持って使っていただけたら嬉しいです。それぞれの職人たちが、手作業で心をこめて作った道具たちをぜひ店頭でご覧ください!

 

<P.F.Candle Co. (キャンドル/ロサンゼルス)>

ロサンゼルス在住のオーナー兼デザイナー、クリスティンによる、アメリカ産大豆由来ワックスをベースにしたキャンドルブランドです。その香りは、モハーヴェ砂漠やジョシュアツリー、イースト・シエラでの思い出など、カリフォルニアに暮らすクリスティンの日常生活からインスパイアされて調合されています。ナチュラルで上質な香りはもちろん、クラフトのラベルが貼られたキャンドルのビンやプランターに入ったキャンドルなど、素材感を活かした容器やパッケージも魅力です。

 

<るちゑ(寄木/箱根)>

トラベラーズファクトリーの人気定番アイテム、寄木チャームを作る寄木職人、清水勇太さんの工房。コースターや箸置き、カードケースなどの日常の道具から、カスタネットやシャカシャカなど遊び心たっぷりの楽器まで、今年もたくさんの寄木プロダクトをご用意いただきます。あわせて昨年人気だった、清水さんの木工職人仲間、角田 遥さんのシロクマグネットもやってきます。

 

<CUL DE SAC – JAPON(青森ヒバ/東京)>

デザイナー・村口実姉子さんが、ご実家が青森ヒバの木工所ということもあり、「昔から身近に存在していた青森ヒバの魅力を、多く人に伝えたい」との想いで立ち上げたブランド。青森ヒバは、腐食に強く耐久性に優れた建築用素材として有名で、抗菌効果や防虫効果も高く古くから社殿、仏閣、城閣などにも使用されています。さらにその香りにはリラックス効果もあります。そんな青森ヒバの効果をいかしたオイルやスプレー、消臭剤などをラインアップしていただきます。

 

<椿井木工舎 ZweiWoodWork(木工/長野)>

長野県木曽谷で無垢の木材を使い家具やカトラリーなどを作る二宮大輔さんによって営まれている工房。

今年よりコーヒースプーンを扱っていますが、工芸月間にあわせてさらにカッティングボードやジャムスプーン、バターナイフなどのカトラリーを展開します。コーヒースプーンと同じように、無垢の木材の木目や曲線を活かした美しいデザインと、機能性や使い勝手が両立した道具をこの機会にぜひ。

 

 

~トラベラーズファクトリーがお薦めする手作りの道具たち~

 

期間:2019年4月17日(水)~ 5月13日(月)

場所:トラベラーズファクトリー 中目黒 

 

P.F.Candle Co.」                  https://www.place-co.com/pfcandle

るちゑ」                                http://luthier43.info/

CUL DE SAC – JAPON」       http://culdesac.jp/

椿井木工舎 ZweiWoodWorkhttp://zweiwood.blogspot.com/

 

中目黒の会期終了後、一部商品をステーション、エアポートでも展開する予定です。

詳細は後日こちらにてお知らせします。

 

ンラインショップでは、工藝月間とあわせて4月17日11時より下記商品を発売します。

<るちゑ×トラベラーズファクトリー>

TFチャーム 寄木 丸、TFチャーム 寄木 丸 ダークブラウン 各1,200円+税

<椿井木工舎 ZweiWoodWork>

アアルトスプーン チェリー、ウォールナット 各4,000円+税

 

トラベラーズファクトリーオンラインショップ>>>

 

「TOKYO CRAFT MONTH 2019」の参加店がマップとともに紹介されているTOKYO CRAFT MAP。各店で無料でお配りしています。ご希望の方はスタッフまでお声がけください。(数に限りがありますので、終了の際はご了承ください。)

 

TFチャーム 寄木 丸、TFチャーム 寄木 丸 ダークブラウン 各1,200円+税(左)

アアルトスプーン チェリー、ウォールナット 各4,000円+税(右)

工藝月間にあわせて、4月17日にトラベラーズファクトリーオンラインショップでも、寄木チャームとコーヒースプーンが発売になります。「るちゑ」の清水さん、椿井木工舎の二宮さんが心をこめて作った道具をぜひ。

 

< P.F.Candle Co. (キャンドル/ロサンゼルス)> 

オーナー兼デザイナーであるクリスティンによるロサンゼルス発のキャンドルブランド。「手の届く贅沢」をコンセプトにソイワックスキャンドルを生産することから始まりました。

 

ナチュラルで上質な香りはもちろん、素材感を活かした容器やパッケージも素敵です。ギフトにもおすすめです。

 

< るちゑ(寄木/箱根)> 

箱根の寄木工房「るちゑ」の清水勇太さんがトラベラーズノートのために作ってくれた寄木チャーム。いよいよオンラインショップにも登場します。4月17日11時頃発売です。

 

コースターや箸置き、カードケースなどの日常の道具から、カスタネットやシャカシャカなど遊び心たっぷりの楽器まで、今年もたくさんの寄木プロダクトをご用意いただきました。

 

足をくいっと回すと鳥の鳴き声のような音が聞こえるバードコール。左は嘴にカードなどの紙が挟めるその名も伝書バードコール。左のミニと並べれば親子バードコールになります。

 

清水さんの木工職人仲間、角田 遥さんのシロクマグネット。裏はマグネットになっていて、口には紙を挟むことができます。紙に誰かへのメッセージを記せば、まるでシロクマのセリフのように見えます。とぼけた表情のシロクマに何を言わせるか考えてみるのも楽しいですね。

 

<CUL DE SAC – JAPON(青森ヒバ/東京)>

リラックス効果のある香りに、抗菌効果や防虫効果も高い青森ヒバの効果をいかしたオイルやスプレー、消臭剤などをラインアップ。旅先のホテルの部屋やバスルームを快適してくれるモノもご用意しています。

 

青森ヒバのチップは、ガラス瓶や陶器の器に入れれば、そのまま芳香剤のようにお使いいただけます。さらにヒバの抗菌、防虫、除湿効果を活かした靴やクローゼット用の消臭・抗菌剤やワックスなども。

 

<椿井木工舎 ZweiWoodWork(木工/長野)>

椿井木工舎のコーヒーメジャーは、木目や優しい質感に、アールで構成されたシンプルで美しい造形が魅力。さらに細めの瓶でも豆が取り出しやすかったり、スプーンが傾くことなく自立して置くことができたり、日常の道具としての使い勝手や機能性も考え抜かれて作られているのも特徴です。

 

こちらはバターナイフとジャムスプーン。美しくカーブを描く取っ手は握るとやさしく手になじみます。さらに木を極限まで薄く研磨することで、バターにあてるとさくっと切れるバターナイフの刃や、ジャムが取り出してパンにつけやすいように小さくフラットに作られているスプーンの先端ななど、使ってみると美しさだけでなく使い勝手を考えられていることが分かります。

 

裏にマグネットが付いているコーヒーフィルターホルダーはコーヒースプーンとあわせてぜひ。カッティングボードはそのまま食卓に出しても素敵です。